【通貨ランキング】米ドル急上昇!遂に3月利上げ確率は80%超!

ビッグバナー広告

名目実効為替レート(BOE) 週間ランキング

イングランド銀行(BOE)の名目実効為替レートの日次データから求めた週間ランキングです。

FXトレード手法【その7】通貨の強弱を見極めよう!
通貨の強弱を見極めるには、実効為替レート(=通貨インデックス)を見るのが一番です。61カ国・地域の実効為替レートを一覧で見れるのは、国際決済銀行だけです。更には名目・実質の両方が見れます。また日次データをタイムリーに見れるのは、イングランド銀行です。

11カ国・地域のデータからFXで取引の多い8カ国・地域のデータを抜粋して、前週のデータとの騰落率でランキングをつけています。

順位 国地域・通貨 名目実効為替レート 騰落率
前回 今回 2/24(金) 3/3(金)
6 1 米ドル 104.9693 106.4191 +1.4%
8 2 ユーロ 87.6878 88.5319 +1.0%
7 3 スイスフラン 162.5209 162.4493 -0.0%
3 4 豪ドル 96.9851 96.5329 -0.5%
1 5 英ポンド 77.7759 76.5621 -1.6%
5 6 ニュージーランドドル 121.2696 119.3637 -1.6%
2 7 日本円 139.8180 137.5955 -1.6%
4 8 カナダドル 90.0549 88.0953 -2.2%

(出典:Bank of England, Effective exchange rates)

1.米ドルが上昇率トップ!|3月利上げ確率急上昇!FRB高官から聞こえてくるのはタカ派発言の大合唱!

Embed from Getty Images

上昇率トップは米ドルでした。3月利上げ確率が急上昇中です。

FedWatch(フェドウォッチ)の予想確率は、2月24日の26.6%から3月3日には79.7%に急上昇。目安となる70%を超えて利上げが濃厚です。3月6日は84.1%。すでに市場は3月利上げを織り込んだ模様です。

【FedWatch】70%超で確定?米FOMC政策金利の予想確率をチェック!
FedWachの見方を紹介!FedWatchとはFF金利の誘導目標が変更される可能性を確率で求めたものです。金利変更の予想確率が70%を超えると、実際のFOMCでFF金利が変更される確率も非常に高いと言われています。

利上げ確率上昇に伴ってドルも上昇しましたが、昨年11月の米大統領選挙以降に見られたような勢いは感じられません。

ドル円で言うと、115円の壁が思った以上に厚く、3月利上げ以外のドル買いの材料が欲しいところです。

例えば、3月15日のFOMCで今年3回の利上げが4回の利上げに修正されるようなことになれば、ドル高加速が期待できます。

また、3月15日のオランダ国政選挙でユーロ売りの反動でドル買いが見られるかもしれません。

何れにしても、3月15日はビッグイベントが重なりますので、楽しみに待ちましょう。

2.カナダドルが下落率トップ!|政策金利は0.5%で据え置き。原油価格下落が足かせに!

Embed from Getty Images

一方、下落率トップは、カナダドルでした。

3月2日、カナダ中銀金融政策委員会では、政策金利は予想通り0.5%で据え置き。サプライズはありませんでしたが、声明では「大きな不透明感がある」と慎重な姿勢がカナダドル売りを誘発しました。

また原油価格下落も、資源国通貨のカナダドルにとって、売り材料となりました。

資源国通貨と呼ばれるカナダドル、豪ドル、ニュージランドドルは、原油価格の影響を受けやすいので、注意しましょう。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする