【IMMポジション】予想は円売り!OPEC専門家会合の結果に注目!

ビッグバナー広告

IMMシカゴ先物ポジション|指数平滑法で建て玉を予測

シカゴIMM先物ポジションの投機筋の建て玉枚数を予測してみました。

詳しくは、以下をご覧ください。

FXトレード手法【その1】投機筋の動きに乗っかろう!
今後為替が円高に動くのか、円安に動くのか、予測することはできないのでしょうか?答えは、「ある程度は予測できる」です。それは為替の需要と供給の8割を投機筋が握っているからです。そして一部の投機筋の動きが分かるのが、シカゴ通貨IMM先物ポジションです。

IMMポジションは、シカゴマーカンタイル取引所の毎週火曜日の取引終了後の建て玉枚数です。CTFC(全米先物取引委員会)は、その集計結果を金曜日に公表しています。

IMMポジションは、為替の中・長期的なトレンド把握には有効なのですが、公表までにタイムラグがあるので、短期トレードには使えません。

それだったら、建て玉枚数を予測すればいいじゃないか!ということで、ビジネスの場面で需要予測等に用いられる指数平滑法を使い、買い(Long)、売り(Short)のそれぞれの建て玉枚数を予測しています。

また、シカゴマーカンタイル取引所の取引終了時間は、日本時間では水曜日の6時15分(サマータイムは5時15分)なので、その時間の為替レートを記載しています。

先週の予測は、以下をご覧ください。

【IMMポジション】予想は円買い!トランプリスクと北朝鮮情勢の行方は?
IMMシカゴ先物ポジション|指数平滑法で建て玉を予測 シカゴIMM先物ポジションの投機筋の建て玉枚数を予測してみました。 ...

1.【円】の建て玉枚数|予想は円売り!米雇用統計の流れを受け継ぐか?OPEC専門家会合の結果にも注目!

Embed from Getty Images

日付 時間 ドル円 買い 売り 差引 差引前週比
7/26(水) 5:15 111.818 28,018 149,507 -121,489 5,430
8/2(水) 5:15 110.303 36,445 148,641 -112,196 9,293
8/9(水) 5:15  ↘︎ 36,445 153,959 -117,514 -5,318

(ドル円はXM Mac MT4(7月25日,8月1日22:15)より抜粋、太字は予測値)

指数平滑法による予測【円】では、8/9(水)の差引前週比は、「5,318枚のマイナス(円売りが増加)」という結果になりました。

ちなみに、8/2(水)の差引前週比は、「9,293枚のプラス(円買いが増加)」でした。

先週のドル円は、109.8円〜111.0円。

トランプ政権の混乱は今週も露呈。スカラムチ広報部長が就任からわずか10日で解任されました。ドル売り進行で円高ドル安が進む展開になりました。

この展開が一転したのは米雇用統計の発表。予想を上回る強い結果にドル円は素直に反応し、円安ドル高に反転。終値は110.6円まで戻す結果となりました。

IMMポジションの予想は円売り。米雇用統計の流れを受け継ぎ、ドル円は112円を目指すのか?8月7,8日に開催されるOPEC(石油輸出国機構)の専門家会合にも注目しましょう。

2.【ユーロ】の建て玉枚数|予想はユーロ売り!ユーロ買いの勢い一服、小休止の予感?

Embed from Getty Images

日付 時間 ユーロドル 買い 売り 差引 差引前週比
7/26(水) 5:15 1.16515 197,656 106,814 90,842 -479
8/2(水) 5:15 1.18020 191,477 108,840 82,637 -8,205
8/9(水) 5:15  → 187,718 110,713 77,005 -5,632

(ユーロドルはXM Mac MT4(7月25日,8月1日22:15)より抜粋、太字は予測値)

指数平滑法による予測【ユーロ】では、8/9(水)の差引前週比は、「5,632枚のマイナス(ユーロ売りが増加)」という結果になりました。

ちなみに、8/2(水)の差引前週比は、「8,205枚のマイナス(ユーロ売りが増加)」でした。

先週のユーロドルは、1.172ドル〜1.190ドル。ユーロ買いの勢いが止まりません。

ECB金融緩和縮小観測によるユーロ買い、それにトランプリスクによるドル売りが拍車をかけて、あれよあれよと1.19ドルを超えてきました。

IMMポジションの予想はユーロ売り。そろそろユーロ買いが一服しそうな気配です。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする