【注目の経済指標】12月12日(月)〜16日(金)

ビッグバナー広告

1.米FOMC政策金利発表

今週の注目は、何と言っても米FOMC政策金利発表です。

今回、0.5%から0.75%への利上げが予想されています。すでに市場では利上げを想定してドル高が進んでいますので、据え置きされた場合は、急激なドル安が想定されます。

また、予想通り利上げされても、材料出尽くしにより、調整によるドル安の可能性があります。

また、今回12月はFOMC後にイエレン議長の記者会見が予定されています。来年の利上げについて加速を示唆するような発言が飛び出せば、急激なドル高が想定されます。

何れにしても、大きな上下動が予想されます。サラリーマンの方は辛いと思いますが、早起きは三文の徳と言いますので、頑張って早起きして差益を狙いましょう。

前回の結果と今回の予想

日付 時間 指標 前回 今回
予想 結果 予想
12/15(木) 04:00 FOMC政策金利 0.5% 0.5% ±0 0.75% +0.25%

前回の値動き

通貨ペア 11/3(木) 5分足(3本) 30分足(3本)
03:00 02:55~03:10 02:30~04:00
始値 高/安値 変動幅 高/安値 変動幅
ドル円 103.311 103.433 +12pips 42pips 103.442 +13pips 43pips
103.011 -30pips 103.011 -30pips
ユーロドル 1.10987 1.11162 +18pips 29pips 1.11162 +18pips 30pips
1.10874 -11pips 1.10860 -13pips
ユーロ円 114.654 114.756 +10pips 24pips   114.756 +10pips 24pips
114.521 -13pips 114.521 -13pips

(始値・高値・安値はXM Mac MT4(11月2日20:00)より抜粋)

2.日銀短観-大企業製造業/非製造業指数

次に注目すべきは、日銀短観の発表です。

米大統領選挙でトランプ候補が勝利して以降、円安、株高が続いており、業況判断は、製造業は6.0から10.0、非製造業は18.0から19.0に、いずれも改善が予想されています。

一方先行きについては、製造業は6.0から9.0、非製造業は16.0から18.0に、改善は予想されているものの、まだまだトランプ次期大統領の政策が不透明なことから、業況判断に比べると低い値となっています。

予想より指数が低ければ円高、高ければ円安に動く可能性があります。

また同時に、大企業の想定為替レートが発表されます。米大統領選挙後の急激な円安への修正が遅れ、実勢レートとの乖離が大きくなれば、輸出企業への為替差益による増益余地の期待から、円安に動く可能性もあります。

前回の結果と今回の予想

日付 時間 指標 前回 今回
予想 結果 予想
12/14(水) 08:50 大企業製造業 業況判断 7 6 -1 10 +4
先行き 8 6 -2 9 +3 
大企業非製造業 業況判断 18 18 ±0 19 +1
先行き 18 16 -2 18 +2

前回の値動き

通貨ペア 10/3(月) 5分足(3本) 30分足(3本)
08:50 08:45~09:00 08:30~09:00
始値 高/安値 変動幅 高/安値 変動幅
ドル円 101.458 101.464 +1pips 6pips 101.580 +12pips 23pips
101.408 -5pips 101.353 -11pips
ユーロドル 1.12343 1.12386 +4pips 5pips 1.12386 +4pips 11pips
1.12333 -1pips 1.12272 -7pips
ユーロ円 113.986 114.019 +3pips 7pips   114.080 +9pips 22pips
113.954 -3pips 113.859 -13pips

(始値・高値・安値はXM Mac MT4(10月3日01:50)より抜粋)

3.英中銀(BOE)政策金利発表

今週は、米FOMCだけでなく、英中銀(BOE)の政策金利発表も予定されています。

前回のBOEでは、2017年のインフレ率見通しを2.0%から2.7%に大きく引き上げました。また8月に言及していた年内の利下げの可能性を打ち消し、利上げ、利下げ両方の可能性を滲ませる結果となりました。

今回のBOEでは、8月に0.5%から0.25%に引き下げた金利を0.25%のままで据え置く予想です。

BREXITによる国内景気への影響は今のところまだ表面化しておらず、ポンド安により輸出は好調であることから、今すぐ利上げ、利下げに動く状況ではなさそうです。

今回、予想通り据え置きとなれば、あまり大きな変動は望めませんが、何があるか分かりませんので、一応チェックしておきましょう。

前回の結果と今回の予想

日付 時間 指標 前回 今回
予想 結果 予想
12/15(木) 21:00 BOE政策金利 0.25% 0.25% ±0 0.25% ±0

前回の値動き

通貨ペア 11/3(木) 5分足(3本) 30分足(3本)
21:00 20:55~21:10 20:30~22:00
始値 高/安値 変動幅 高/安値 変動幅
ドル円 103.171 103.259 +9pips 11pips 103.259 +9pips 11pips
103.152 -2pips 103.152 -2pips
ユーロドル 1.10738 1.10758 +2pips 16pips 1.10771 +3pips 18pips
1.10594 -15pips 1.10594 -15pips
ユーロ円 114.261 114.314 +5pips 15pips   114.314 +5pips 22pips
114.169 -9pips 114.095 -17pips

(始値・高値・安値はXM Mac MT4(11月3日14:00)より抜粋)

4.その他の経済指標

その他に予定されている主な経済指標です。

特に、米国の重要経済指標の発表が目白押しです。米国の株高、ドル高の流れが継続するのか、それとも一旦調整、ドル安の動きが見られるのか、要チェックです。

前回の結果と今回の予想

日付 時間 指標 前回 今回
予想 結果 予想
12/13(火) 19:00 独ZEW景況指数 8.1 13.8 +5.7 14.0 +0.2
12/14(水) 22:30 米小売売上高前月比 0.6% 0.8% +0.2 0.3% -0.5
 同(除自動車)前月比 0.5% 0.8% +0.3 0.5% -0.3
23:15 米鉱工業生産前月比 0.2% 0.0% -0.2 -0.2% -0.2
米設備稼働率 75.5% 75.3% -0.2 75.1% -0.2
12/15(木) 22:30 米四半期経常収支 -1210 -1199 +11 -1110 +89
フィラデルフィア連銀景況指数 7.8 7.6 -0.2 9.0 +2.4
米消費者物価指数前月比 0.4% 0.4% ±0 0.2% -0.2
 同前年比 1.6% 1.6% ±0 1.7% +0.1
12/16(金) 22:30 米住宅着工件数 115.6万 132.3万 +16.7 123.0万 -9.3
米建設許可件数 119.3万 122.9万 +3.6 124.3万 +1.4
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする