【通貨ランキング】米ドルが上昇率トップ!円安ドル高に期待!

ビッグバナー広告

名目実効為替レート(BOE) 週間ランキング

イングランド銀行(BOE)の名目実効為替レートの日次データから求めた週間ランキングです。

FXトレード手法【その7】通貨の強弱を見極めよう!
通貨の強弱を見極めるには、実効為替レート(=通貨インデックス)を見るのが一番です。61カ国・地域の実効為替レートを一覧で見れるのは、国際決済銀行だけです。更には名目・実質の両方が見れます。また日次データをタイムリーに見れるのは、イングランド銀行です。

11カ国・地域のデータからFXで取引の多い8カ国・地域のデータを抜粋して、前週のデータとの騰落率でランキングをつけています。

順位 国地域・通貨 名目実効為替レート 騰落率
前回 今回 2/3(金) 2/10(金)
8 1 米ドル 104.0125 105.0793 +1.0%
7 2 英ポンド 76.9983 77.6025 +0.8%
2 3 豪ドル 96.4495 97.0650 +0.6%
5 4 スイスフラン 162.4766 162.3056 -0.1%
3 5 カナダドル 90.5686 90.2365 -0.4%
1 6 日本円 138.7144 138.0688 -0.5%
4 7 ユーロ 88.9955 88.2197 -0.9%
6 8 ニュージーランドドル 122.7454 121.5104 -1.0%

(出典:Bank of England, Effective exchange rates)

1.米ドルが上昇率トップ|2週連続下落率トップから上昇率トップに躍り出る!

Embed from Getty Images

上昇率トップは米ドルでした。先週、先々週と最下位でしたが、一躍トップに躍り出ました。

先週末の日米首脳会談。市場が恐れていた暴言も飛び出さず、終始友好的な会談となりました。

またトランプ減税への期待からNYダウは最高値を更新したことも安心感につながりました。

とは言うものの、ドルが積極的に買われたと言うよりも、先週まで売られ過ぎていたので、その反動で買われた出ただけ、と言うのが正しい解釈と思われます。

先週はFRBのタルーロ理事が辞任を表明。リーマンショック後の規制強化の制度設計を担ってきただけに、ドット・フランク法(規制強化改革法)を見直す大統領令がよほど気に食わなかったのでしょう。FRBの利上げにも影響が出そうな気配です。

本格的なドル買いが進むには、例えばイエレン議長が3月利上げを匂わすなど、何かきっかけが要りそうです。

2.ニュージーランドドルが下落率トップ!|現状金利を相当期間維持、年内利上げ観測が遠のく!

Embed from Getty Images

一方、下落率トップは、ニュージーランドドルでした。

2月9日の政策金利発表は、予想通り1.75%の現状維持。ただ相当期間との枕言葉がついたことから、年内利上げ観測が遠のき、ニュージーランドドルは下落する結果となりました。

3.今週の相場予想|ドル円は113.4円から116.0円までを予想、ビッグイベントを無事通過。ジリジリ円安ドル高に期待!

Embed from Getty Images

今週の注目は、2月15日(水)0:00、16日(木)0:00に予定されているイエレンFRB議長の議会証言です。

詳しくは、昨日の記事をご覧ください。

(2月13〜17日)イエレン議長議会証言!タルーロ理事辞任の影響は?
今週の注目はイエレンFRB議長(写真左)の議会証言。2月15,16日の両日予定されています。タルーロ理事がトランプ大統領に反発して4月上旬の辞任を表明したばかり。利上げ時期への影響はあるのか、イエレン議長の発言に注目しましょう。

先週のドル円は、112.0円から116.0円を予想しました。結果は111.5円から113.8円。レンジが0.5円程度下がり、また期待したほどの円安が進みませんでした。

日本円が上昇率トップ、ドルは2週連続で下落率トップを維持!
上昇率トップは日本円。トランプ大統領の円安牽制発言が効きました。一方、下落率トップは2週連続米ドル。FOMC声明文で利上げペースを緩やかに調整するとの表現にとどまり、3月利上げ観測は後退。6月がメインシナリオです。

今週は、113.4円から116.0円を予想します。

日米首脳会談というビッグイベントを無事通過。本来であれば、週明け以降、一気に円安ドル高が進んでも良さそうですが、114.1円で頭打ちしている状況です。

先週の発表で、日本の対米国貿易黒字は、昨年ドイツを抜き去り、中国に次ぐ世界第二位に浮上。この状況下では、またトランプ大統領の口から、円安牽制発言が飛び出してもおかしくありません。

また、タルーロ理事の後任選びで、金融緩和推進派が選ばれれば、これまでの利上げ路線にブレーキがかかります。

そうは言うものの、基本的にはジリジリと円安ドル高が進み、116.0円付近で落ち着くとの予想です。

先週に引き続き、希望的観測も含まれていますので、外れても大目にみてください。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする