【IMMポジション】日米首脳会談を踏まえた投機筋の動きに注目!

ビッグバナー広告

IMMシカゴ先物ポジション|指数平滑法で建て玉を予測

シカゴIMM先物ポジションの投機筋の建て玉枚数を予測してみました。

詳しくは、以下をご覧ください。

FXトレード手法【その1】投機筋の動きに乗っかろう!
今後為替が円高に動くのか、円安に動くのか、予測することはできないのでしょうか?答えは、「ある程度は予測できる」です。それは為替の需要と供給の8割を投機筋が握っているからです。そして一部の投機筋の動きが分かるのが、シカゴ通貨IMM先物ポジションです。

IMMポジションは、シカゴマーカンタイル取引所の毎週火曜日の取引終了後の建て玉枚数です。CTFC(全米先物取引委員会)は、その集計結果を金曜日に公表しています。

IMMポジションは、為替の中・長期的なトレンド把握には有効なのですが、公表までにタイムラグがあるので、短期トレードには使えません。

それだったら、建て玉枚数を予測すればいいじゃないか!ということで、ビジネスの場面で需要予測等に用いられる指数平滑法を使い、買い(Long)、売り(Short)のそれぞれの建て玉枚数を予測しています。

また、シカゴマーカンタイル取引所の取引終了時間は、日本時間では水曜日の6時15分(サマータイムは5時15分)なので、その時間の為替レートを記載しています。

先週の予測は、以下をご覧ください。

【IMMポジション】トランプ大統領の口先介入は賞味期限ぎれ?
2/8(水)円の建て玉枚数は、差引前週比で「1,015枚のマイナス(円売りが増加)」の予測です。実態にそぐわないトランプ大統領の口先介入の効果も賞味期限切れ、そろそろ円売り再開の動きがみられるかもしれません。

1.【円】の建て玉枚数|予測は横ばい、日米首脳会談の結果を踏まえて投機筋がポジションを動かしてくるか?

Embed from Getty Images

日付 時間 ドル円 買い 売り 差引 差引前週比
2/1(水) 6:15 112.903 32,216 90,547 -58,331 8,509
2/8(水) 6:15 112.361 25,874 80,934 -55,060 3,271
2/15(水) 6:15  横ばい 27,333 78,540 -51,207 3,853

(ドル円はXM Mac MT4(1月31日,2月7日23:15)より抜粋、太字は予測値)

指数平滑法による予測【円】では、2/15(水)の差引前週比は、「3,853枚のプラス(円買いが増加)」という結果になりました。

ちなみに、2/8(水)の差引前週比は、「3,271枚のプラス(円買いが増加)」でした。

先週、2/8(水)の差引前週比で円売りへの反転を予測しましたが、日米首脳会談を控える中、投機筋は円売りに大きく傾くことはなかったようです。

今週は、日米首脳会談の結果を見極めようとの様子見ムードで、ドル円は値動きは限定されました。

ドル円相場については、2月7日の記事で、112.0円から116.0円を予想していました。

日本円が上昇率トップ、ドルは2週連続で下落率トップを維持!
上昇率トップは日本円。トランプ大統領の円安牽制発言が効きました。一方、下落率トップは2週連続米ドル。FOMC声明文で利上げペースを緩やかに調整するとの表現にとどまり、3月利上げ観測は後退。6月がメインシナリオです。

結果は、111.5円から113.8円。予想に比べてレンジが0.5円程度下がり、また期待したほどの円安が進みませんでした

日米首脳会談は、ワシントンでの会談に加えて、フロリダでのゴルフ接待まで付いた2日間の厚遇会談となっています。

為替に関しては、日米首脳会談の会見で「すぐに公平な競争ができる土俵をつくる」とのトランプ大統領の発言がドル高牽制と受け止められ、2/11(土)3:00頃、一時的に112.8円付近まで円高ドル安が進みましたが、すぐに値を戻しています。

日本時間の2/11(土)昼時点では、市場が恐れていたような爆弾発言は聞こえてきていません。トランプ大統領から、日米の自由貿易協定(FTA)の締結要請もなく、対日貿易赤字や近年の円安傾向についての言及もなかったと伝えられています。

まだ会談は終わった訳ではないので、予断を許しませんが、2月5日の記事で予測した通り、安倍首相とトランプ大統領の友好的な会談内容だけが伝わり、これまでの一方的な主張・要望はなりを潜める事になりそうです。

(2月6〜10日)日米首脳会談!トランプ口先介入の効力は続くか?
注目はもちろん2月10日(金)ワシントンでの日米首脳会談です。会談では安全保障と貿易がテーマ。安倍首相とトランプ大統領の友好的な会談となり、日米首脳会談後に、本格的な円売り第二弾が始まる予感がします。

IMMポジション予測では、2/15(水)は若干円買いが増加となっていますが、日米首脳会談の結果を踏まえて、投機筋がポジションを動かしてくるのか?来週の結果が楽しみです。

個人的には、円売りポジション増加を期待します。

2.【ユーロ】の建て玉枚数|予測は横ばい、オランダ・フランス選挙、ギリシャ不安再燃などユーロ売り材料には事欠かない

Embed from Getty Images

日付 時間 ユーロドル 買い 売り 差引 差引前週比
2/1(水) 6:15 1.07918 125,689 171,402 -45,713 6,635
2/8(水) 6:15 1.06839 126,708 171,659 -44,951 762
2/15(水) 6:15  横ばい 126,708 171,659 -44,951 0

(ユーロドルはXM Mac MT4(1月31日,2月7日23:15)より抜粋、太字は予測値)

指数平滑法による予測【ユーロ】では、2/15(水)の差引前週比は、「0枚(変化なし)」という結果になりました。

ちなみに、2/8(水)の差引前週比は、「762枚のプラス(ユーロ買いが増加)」でした。

今週、ユーロに関しては、ユーロ売りにつながる話題が聞こえてきました。

まずは、ユーロ各国の選挙です。

オランダ国政選挙(3月15日)フランス大統領選挙(4月23日、第一回投票)イタリア国政選挙(6月に前倒し?)ドイツ国政選挙(9月)、と立て続けにユーロ各国で選挙が控えています。

しかも選挙が近づくにつれて、ユーロに反対する勢力が優勢とのニュースが多く見られるようになりました。

オランダでは、反EUを掲げる極右政党が第1党となる可能性が高くなってきました。議席数は少ないのですが、もしかするとこの極右政党のウィルダース党首が首相に就くこともあり得ます。

またフランス大統領選挙では、極右政党のルペン党首が世論調査で優勢となっています。EU離脱の国民投票を公約に掲げていますので、英国に続き、フランスまでEU離脱となれば、ユーロは危機的な状況に追い込まれるでしょう。

イタリアでも反ユーロ感情が高まり、国政選挙の前倒しがあるかもしれません。

まともなのはドイツだけで、メルケル首相の続投は危ぶまれていますが、対抗馬としてはシュルツ前EU議会議長です。EU離脱はあり得ません。

もう一つは、ギリシャ不安の再燃です。

国際通貨基金(IMF)がギリシャの再建には債務負担軽減、緊縮策緩和が必要との報告書を公表し、ユーロ各国と対立する構図となっています。

ユーロ各国は、反EU感情が高まる中、選挙も控えており、IMFの言う債務負担軽減に動ける状況にありません。再びギリシャにデフォルト(債務不履行)の懸念が出てきました。

先週は、ユーロ買い増加を予測しましたが、結果は横ばい。これだけユーロ売りに繋がる材料が出てくると投機筋もなかなかユーロ買いには動けないと思います。

選挙が近づくにつれて、ユーロ売り材料も増えてくるので、今後の投機筋のポジション推移に注目しましょう。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする